C-NET City Network Company

リクナビ2017
MENU
ロッソ事業部
TOP > 事業紹介 >レストラン事業部(事業使命)
ROSSOオフィシャルサイト

事業使命

3つの事業使命。

私たちロッソの事業使命の第1は、いつまでも「地域のお客様のお店」であり続けることです。
それは、単に美味しい料理や良質な空間の提供だけではなく、お客様から「このお店がなくなると困る。」と言われるほどのお役立ちを果たすということです。このことは簡単ではないことは理解しています。そして、その為には「新しいカタチのサービス」や「お店の成長をお客様と喜びをわかち合える新企画」は必要です。ロッソの最大の事業使命とは、このように日々お客様のことを考え、思い悩み続けることが事業使命なのです。
(お客様への事業使命)



そして、ロッソの事業使命の第2は、ロッソで働くすべてのスタッフ(社員・パートアルバイトさん)が、「仕事を通じて人間的成長(心・技・体)に果たすこと」と考えています。その為には「成長バランス」が最も大切。料理やサービススキルの向上や知識の修得は勿論、一人の人間としての「常識力」や「人間力」、そして、「判断力」さえも磨かねばなりません。つまり、私たちロッソの事業使命として働くスタッフに約束すべき第2の事業使命は、日々自己研鑽するお店に成長環境づくりを整え、「スタッフの成長に貢献する。」いうことです。
(スタッフへの事業使命)



そして、ロッソの事業使命の第3は、このお店が私たち「シーネットビジネスクオリティ向上の場」となることです。レストラン事業はお客様への直接サービス。また、近年の飽食の時代背景のもと、このフードサービス業界自体も注目度が向上し、マスコミや情報各誌による厳しい評価を受けています。また、多種多様な企業の新規参入により、この業界においては過当競争下にあり、生き残るための戦いを強いられています。
つまり、99の良いサービスをご提供しても、1つの商品・サービスミスで厳しい評価をお受けすることも珍しくありません。このように今は昔と違い、お客様の評価基準も格段に上がっています。
この業界での「サービス基準」や「商品基準」を乗り越え、事業経営を継続的に発展を果たすことは、私たちシーネットが、今後の新規事業開発するにあたっても、大きく「ビジネスクオリティ」の向上が図れると考えています。
(会社としての事業使命)

事業内容 事業の優位性
PAGETOP