C-NET City Network Company

リクナビ2017
MENU
C-NET Ism
TOP > C-NET Ism > 事業理念

事業理念(C-NET-Concept)

私たちの「夢」。比類のない事業体の創出。

「大きな会社が見逃した小さな事業。小さな事業の大きな将来性。」

新規事業開発で一番大切なことは、「見る」ことだと思います。
それは、「見えそうで見えないものを見ることであり」、見えはじめたものは、絶対に「見逃さない。」ことを大切にすることであると思います。
そして、私たちシーネットにおける新規事業開発コンセプトは、本当に単純なことですが、お客様から「選ばれつづけるお店(事業・業態)づくり」、お客様にとって「なくなればお客様が困ってしまう程のお店づくり」にあります。
ただ、「選ぶのはお客様」なのです。
「何故、こんなお店や事業がないの?」、
「何故、あるのに内容やクオリティに満足できないの?」が、
私達の事業開発テーマ(コンセプト)なのです。(超マーケットイン視点)
それは事業の規模や売上・利益だけに左右されるものではないと考えています。
(どのような事業でもはじまりは小さいもの)
そして、それはたとえ…、その分野がたとえニッチな分野であっても、本当にお客様が必要とする限りは、着手する限りは、その分野でのNo.1を目指し、
「比類のない事業体」を創り上げるのです。
私たちのそんな「事業開発コンセプト」の中から生まれてきた事業が、自社のオリジナル事業の「第1弾」である薪窯をつかったイタリア料理と焼きたてパンのお店「ROSSO事業(新コンセプト-レストラン事業)」であり、「第2弾」として創出されたのが、子供服・子供用品専門のリサイクルショップ「マムズ・マート事業(リユース・リサイクル・カルチャー事業)」なのです。
そして、それはけっして効率や効果、規模やスピードだけに囚われない「地に足のついた事業開発」こそが、私たちの「夢」を実現化するための唯一の方法・手段と考えています。
(事業開発基本理念)

私たちのリアリティのある事業経験をビジネスノウハウとして「フィードバック」

「ビジネス+商売」

商売を単純に日本語に訳せば、ビジネスになるのかも知れません。しかしながら、目で見る文字と、耳で感じる音の響きの違いは当然あるものの、私自身の中では、「似ているようで似ていない。」、そして、「違うようで違わない。」と常々感じております。
そのためには、どちらか一方の感覚で物事をすすめる訳には行きません。
企画面では当然、「現代的マーケティング思考」を徹底的に活かし、事業運営面では「心」を込めて商売をします。また、このバランス感覚こそが大切だと思います。
つまり、私たちの事業開発とは、このバランス感覚と実行スキルに基づき、そして、単に事業や業態を開発するだけに留まらず、その開発した事業に責任を持ち、世の中に定着する(事業が軌道に乗る)までが、事業開発と捉えています。そして、世の中に定着するまでには、当然、試行錯誤や紆余曲折があると思います。そのことの解決ノウハウもまた事業開発だと考えています。
私たちはこれらの事業開発経験と事業開発ノウハウを、LINK事業部(マーケティングコンサルティング&クリエイティブワーク事業)を通じて、各担当クライアント(お客様)へ事業運営も踏まえた「ソリューションパッケージ」、「サゼッションメニュー」として、フィードバックさせていただいています。(実施経験に基づいた確かな提案力)

PAGETOP