C-NET City Network Company

リクナビ2017
MENU
ロッソ事業部
TOP > 事業紹介 > レストラン事業部(事業内容)
ROSSOオフィシャルサイト

事業内容

お客様のためのお店づくりプロジェクト、始動!第1弾!

「衛星都市における大型レストランのあるべき姿」の事業化。

平成16年11月25日、大阪府豊中市桜の町(ロマンチック街道)に、薪窯をつかったイタリア料理と焼き立てのパンのお店「ロッソ豊中ロマンチック街道店」を開業。当社初の大規模プロジェクトが、
その姿を現した瞬間でした。
建設中イメージ このロッソ豊中ロマンチック街道店は、シーネット創業以来の悲願であった自らの事業理念に基づいた「新規事業開発」の第1弾でもあり、実に構想7年、事業規模は初期投資額で1億5,000万円という大規模事業となりましたが、私たちシーネットには確固たる「成功の自信」がありました。
何故なら、私たちの事業コンセプト、すなわち事業価値づくりは、「お客様に選ばれるお店づくり」であり、「お客様が必要としているお店」をカタチにした事業だったからです。

ロッソとは、「赤い薪窯のあるお店」 という意味。

ロッソ4つのコンセプト こだわり 楽しむ 集う 味わう私達にとって初めてのレストラン事業となる「ロッソ」。当然、ショップコンセプトにこだわり、味にこだわり、サービスにこだわりました。私たちのお店には、お客様にとって「大切な人」をもてなすための、リゾートコンシャスをコンセプトとした心地良い空間と、美味しい料理をとっておきのサービスでご提供する環境があります。 たとえば、ロッソの象徴であるお店の真中に据えられた「赤い薪窯」がその1つ。焼成温度600℃まで上がる薪窯を使って、ロッソの薪窯職人がつくる、南イタリアの伝統を受け継いだ本格ピッツァや肉料理、魚料理の数々。素材を生かしたそのこだわり料理は、すべて、この薪窯から生まれます。

赤い薪窯そして、時にロッソは、「地域のコミュニティスペース」にも変身。定期的に開催するガレージセールや朝市といったイベント、そしてパン教室やピザ教室といった主婦を対象としたスクールの舞台にもなるのです。日々通っていただく地域のお客様こそ、ロッソの主役であってほしい。そんな私たちの願いがこのお店には込められているのです。

ロッソイメージ

事業使命
PAGETOP