C-NET City Network Company

リクナビ2017
MENU
Voice of Staff
TOP > 採用情報 > リンク事業部 > VOICE1 岡辺徹

企画営業 岡辺徹

役職
企画営業
入社
平成13年4月 入社
業務内容
(営業、企画担当〉
代理店を挟まずに、直接担当クライアント様とおつき合いさせていただき、ビジネス全体をサポートさせていただいています。
販促ツール、年間のプロモーションの立案から、新規出店店舗立ち上げのお手伝い、イベントのプロデュース、トータル的な コンサルティング業務までその内容は多岐にわたります。 単純に「モノを作るお手伝い」ではなく、クライアント様と一緒になって、問題点を洗い出し、解決の方法を共に見出していく。
時には泣かされながら…。そういったお仕事です。

ONE DAY WORKS

WORKS IMAGE

09:30~ 定時は遅めの9時半。季節変動あり?です。
出社後はまずは全員で事務所のお掃除です。
10:00~10:15 朝のミーティング。本日の仕事状況を関係メンバーで確認します。
10:15~11:00 メールチェック、クライアント様、業者さんと電話でのやりとり。
11:00~13:00 制作チームとの社内打ち合わせ、その他業務。
17:00~18:45 クライアント様廻り(お昼はだいたいこのどこかで…)。
17:00~18:45 メールチェック、クライアント様、業者さんと電話でのやりとり、制作チームとの社内打ち合わせ。
18:45~19:00 晩ミーティング。仕事の進捗状況、今晩・明日の予定の確認。
19:00~21:00 企画の思案、原稿制作など。落ち着いて考えれる時間はどうしても夜に…。
21:30~22:00 残務処理、翌日の準備…

平均すると帰社時間は22:00ぐらいです。
なるべく仕事のメリハリをつけて早く帰って家族サービスの日を作るよう心掛けています。
WHAT'S C-NET FOR YOU?

シーネットに入ったきっかけは?

大学4年時には他業種他企業様から2つ内定を頂いていました。
しかしその当時、「私は自分が将来何をしたいのか?」ということが明確に見えていませんでした。「何となく」就職活動し、「何となく」内定を頂いて、「何となく」社会に入ろうとしていました。
そんなとき、当時バイトさせていただいた当社の代表、長谷川社長から声をかけられました。「一緒に働いてみないか?お前が必要なんや!」
当時の就職活動は長引く不況で、なかなか「選べる」ような状況ではなく、多数の応募者をふるいにかけていく企業と、ひたすら数を打っていく応募者。という図式が成り立っていました。そんな中、「本当に社会は自分を必要としているのだろうか…」と、就職活動をしつつ感じ始めていた自分には、この社長の言葉はぐっときました。ノックダウンです。
親兄弟には大学まで出てバイト先に就職なんて…と反対されましたが、「ここは私を必要としてくれている!」「ここにくれば何かおもしろいことがある!」と強く思った私は、翌年には晴れて仲間入りしたのでした。

シーネットに入った時の最初の印象は?

結束の強い会社。
若い会社。
自分にとっては社会に出て初めて出会った会社。
非常に華やかな印象がありました。

リンク事業部はどんな部署?

お客様の期待に対して、100%の満足ではなく120%の感動でお応えする。

やりがいを感じる瞬間は?

成果物、およびその結果にお客様が喜んでくれたときはもちろんですが、
「シーネットなら…」ではなく、「岡辺なら…」とご指名をいただいたとき。
営業だから味わえる特権ですね。

会社(事業部)から期待されていることは?

中堅スタッフとして、仕事に対する考え方や取り組み方、社内での動き方、
全てにおいて更なるステップアップを求められています。

「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」。
素晴らしい考えやスキルも実行しなければ意味が無い。
「リニューアル」ではなく「イノベーション」。
単に作りかえるのではなく、そこに自分ならではの新たな価値観を付け加える。
「うまくやる」のではなく「全力でやる」。
うわべだけを取りつくろって無難に案件をこなすのではなく、社内、時にはお客さまとも本気で向き合い、正しいと思ったことを全力で貫き通す。

最近のテーマです。

今後、こんな仕事に挑戦してみたい!

当事業部には多くのスタッフが在席し、それぞれの得意分野は全く異なり、多岐にわたります。また、他の事業部ではそれぞれの業種、職種に特化した専門知識、経験を積んだスタッフがいます。
これらのシーネットスタッフの力を結集できるような案件を、「自分発信」で動かすことができ、その結果、クライアントを動かし、お客様を動かし、世の中をちょっとだけ動かす。
そして将来息子に自慢できるような、そんな仕事をしてみたい。

新しい仲間にメッセージ

企画、デザインの仕事がしたい!という人はもちろん、
「自分の可能性を試したい!」
「やりたいことができる会社で働きたい!」
「やりたいことが見えない!」
そんな皆さんもお待ちしています。
当社は様々な事業を展開しているので、きっと自分にあった仕事、自分がやりたいことが見つかるはず!!
正直、中途半端な気持ちでは続かないと思いますが、自分の成長を日々感じることができる、そんな会社です。
ただなんとなく就職して、ただなんとなく日々の仕事をこなして…。
そんな日々から脱却して、もっと人生太く生きましょう!!

岡辺徹
PAGETOP